米ぬか温熱パッド オリザブラン 米ぬかの効能 米ぬかできれいになる 便秘特集 メタボ特集 糖尿病特集 生活習慣病 認知症特集 がんは食事で予防できる 米ぬかと認知症 米ぬか論文 健康一口メモ 会社概要 代理店募集 関連サイトへのリンク 便秘辞典 社団法人 生命科学振興会 米ぬかで家族の健康を認定NPO法人 海の会 独立行政法人 国立健康・栄養研究所 東京農業大学 NPO法人 IAIジャパン 公益財団法人 東京都中小企業振興公社 季節の花 300 白虎隊の会 白虎彷徨

米ぬかの効能


         飯沼一元の直撃インタビュー

便秘特集・便秘はなぜ起こるか?


元国立健康栄養研究所理事長でカーナの開発指導に当たられた渡邊昌先生と対談しました。

カーナのお客様の現状
(飯沼)カーナのお客様は、現在約3,000人ですが、その半分以上は便秘症です。便秘歴10年以上はザラ、中には30年以上の方もいらっしゃいます。 便秘の悩みはあまり人にも言えず、毎日が憂鬱で想像以上にお困りな様子がお客様との会話を通して伝わってきます。 いつまでも放置できないので、結局は便秘薬で始末しているようですが、根本的な解決に至らないため、 いろいろな健康食品を探しているうちに、カーナに出会ったという方が大部分です。 そして、カーナを摂り始めると便通が良くなったというお客様がたくさんいらっしゃいます。

(渡邊)便秘薬の常用は危険ですから、やめた方がいいですね。厚生労働省が、 便秘薬として広く使われている「酸化マグネシウム」製剤の副作用の可能性がある死亡者がここ3年間で2人報告されていたと発表しましたね。
私は「食からくる病気は、食で治す」といつも言っています。快便・快食・快眠は健康生活の基本ですから、是非、食生活を見直して欲しいですね。

(飯沼)カーナのお客様には70歳代の女性が多いのですが、食事は野菜を中心に、肉は控えめで、果物なども積極的に摂り、 ヨーグルトは欠かさないといった食生活優等生型の人が多いのです。でも、便秘なのです。便秘の原因をお話ししていただく前に、 食べたものはどのような経路と作用によって排泄されるのかを分かりやすく解説していただけませんか?

排泄の仕組み
(渡邊)食べ物は、まず口で咀嚼され、食道を通って胃に入り、胃で消化され、小腸で栄養の大部分が吸収され、大腸で水分が分離され、残りが便として肛門から排泄されます。
ここで、水の作用を理解しておく必要があります。体重60㎏の人の一日当たり平均でみると、食に含まれる水分と飲み物とで約2.2L(リットル)、 唾液胃液で3Lの水が加わります。次に、腸で膵液と腸液(両者で3L)が加わり、合計で約8.5Lもの水が使われます。
これらの過程で使われた水分の約半分は腸管を通って体内の細胞に再吸収され、無駄なく循環されます。
(飯沼)8.5Lというと、バケツ一杯ぐらいですから、すごい量の水が働いているのですね。
コロコロ便でお悩みのお客様からは「水は毎日沢山飲んでいるが、便は一向に柔らかくならない。どうなっているのか?」などと聞かれます。 水は無駄なく再利用されているのですから、水分摂取量と便の固さは直接は関係ないということですね。 ところで、腸の構造はどうなっているのでしょうか?

腸の構造
(渡邊)小腸の長さは、日本人の場合、欧米人より長く8~9m、直径は約 3cmです。欧米人の小腸の長さは5~6mですが、これは食習慣の違いから来るのでしょうね。
胃でどろどろになった液状の食べ物は、小腸で大部分の栄養が吸収されます。小腸の外見はゴムホースのような細長い管ですが、 栄養の吸収を担う腸粘膜の表面には無数の絨毛(じゅうもう)がついており、消化酵素が分泌され、その面積は何とテニスコート2面(約200平米)ぐらいもあるので、 栄養を効率よく吸収できるのです。
(飯沼)人は食べることで、生命を維持できるわけですが、小腸は正に生命の根幹を担っている重要な器官であることが分かります。
ところで、トグロを巻いたような腸の中を食べ物はどのようにして輸送されるのですか?
(渡邊)それは蠕動(ぜんどう)運動といって、腸壁が伸縮することで、食べ物を消化酵素と攪拌しながら先に送るのです。 これは大腸でも同じですが、直腸には蠕動運動がありませんから、最後は腹圧によって押し出す訳です。 (飯沼)便秘の方が圧倒的に女性に多いのはなぜでしょうか?子宮が流れを邪魔するという説を聞いたことがありますが。
(渡邊)年配の女性に便秘が多いということから、原因はそれだけではないでしょう。加齢とともに子宮も小さくなりますから、 さほど通行妨害にはならないでしょう。むしろ、腹圧が弱くなることが男女差および年齢差になって現れるのでしょう。
(飯沼)そうすると、腹筋運動は便秘対策に必要ですね。
ところで、小腸で吸収されなかった食べカスがいよいよ大腸に流れ込み、直腸を経て肛門から排泄されるのですね。

便の製造工程
(渡邊)そうです。大腸は便の製造工場ですから、便秘の原因も大抵はここにあります。大腸の役割は大きく分けると、 液状の食べカスから水分を分離して尿にする機能と、残りを処理して便として排泄する機能になります。便の色・形・臭い・量はこの製造工程で決まる訳です。 大腸は、盲腸・上行結腸・S字結腸・直腸からできており、長さは約1.5m、直径は5~6cmですから、小腸に比べると太くで短いのです。 また、食べ物は、平均的には約12時間で消化・吸収され24時間では排泄されるのが正常です。
(飯沼)液状の食べカスから、便はどのようにして製造されるのでしょうか?排泄物の色・形・臭いは、食べ物で異なるのでしょうか?経験するところでは、日によって、人によって、いろいろに変化するように思いますが・・・
(次号に続く)
  

次号はこちら