300万食突破のロングセラー商品
 便秘対策は米ぬか由来のカーナで、快適なおつうじを
カーナのお客様の50%以上は、便秘にお悩みの中高年女性です。健康な人には便秘はありません。
便秘は病気です。
放置すると、様々な生活習慣病を誘発します。快便・快眠・快食は健康の基本です。
たかが便秘と侮ってはいけません。されど便秘です。便秘は気持ち悪いだけでなく、とても苦しいものです。
便秘は肌荒れや口臭のもとになるだけではなく、糖尿病や高脂血症、イライラを誘発します。
便秘薬の常用で死亡した人の例が厚生労働省から発表されています。
 便秘対策・便秘解消は、薬に頼らない、米ぬかを原料とした「カーナ」が効果を発揮します。
カーナは、国産『無農薬 米ぬか』を使用しています 「無農薬 米ぬか」は「無農薬米」を精米する過程で得られた「米ぬか」です。無農薬米とは、農薬を一切使用せずに栽培したお米のことです。 農薬を使用しないで「単純に栽培」すると、雑草や害虫にやられてしまいます。そのため、稲が生長する時に何度も何度も雑草を取り除き、 化学肥料の代わりに有機肥料を適宜使用して、成長を促すと共に病気に罹らない様に手間を掛けます。 一般の栽培に比べて、生産量も低くく手間も掛かりますが、人間の食するお米としては最上のものとなります。
白虎隊の孫で元NEC研究所長が, 世のため・人のために作った健康食品 ライステックの飯沼一元社長は、明治維新の会津戦争で、自決した白虎隊士の中で唯一生き残った飯沼貞吉(当時15歳)の直系の孫です。 「白虎隊の会」を立ち上げ、新たな史実をつきとめ「白虎隊士飯沼貞吉の回生」を出版しました。 また、NEC研究所では動画像圧縮方式「MPEG」を発明し、テレビのデジタル放送やDVDに幅広く実用化されています。
便秘対策は自然由来の製品で健康的に

カーナきなこ味
ご飯もの
こめ胚芽油
温熱パッド
お米の化粧品

カーナきなこ味 モニターセット
こめ胚芽油+カーナ モニターセット
大納言赤飯+カーナ モニターセット
米ぬか温熱パッド+カーナ モニターセット
お米の温熱パッドあったまろん+カーナ モニターセット
米スキンクリーム+カーナ モニターセット
米ぬか温熱パッド+カーナ モニターセット
オリザブラン
ライステック通信 バックナンバー
会社概要
代理店募集
関連サイトへのリンク
便秘辞典
公益社団法人 生命科学振興会
ぬか子 米ぬかで家族の健康を 認定NPO法人 海の会
国立健康・栄養研究所
東京農業大学
NPO法人 IAIジャパン
公益財団法人 東京都中小企業振興公社
季節の花300
白虎隊の会
白虎彷徨

2005-6-13スタート
 
      よくある質問Q&A
 1 カーナは、いつ、どのくらい摂取すればよいですか?
 2 便秘薬など薬との併用はどうすればよいでしょう?
 3 腸内の善玉菌が増えているかはどうして分かりますか?
 4 飲みはじめは効いたのに、また元に戻ってしまいました
 5 カーナはどのくらいの継続期間が必要ですか?
 6 カーナに副作用はありませんか?
 7 カーナの原料はどこで入手していますか?
 8 原料の放射能汚染について教えてください?
 9 カーナは安全・安心と断言できますか
      便秘について
 1 便秘薬を常用すると危険です
 2 排泄のしくみ
 3 腸の構造
 4 正常便は24時間で排泄される
 5 便を見れば腸内細菌がわかる
 6 大腸における便の製造工程
 7 カーナの便通改善作用
 8 腸内ぬか床説
 9 宿便と大腸がん
 
      お客様の声
 1 前立腺がんを克服して
 2 花粉症や体調が良くなりました
 3 腸がスッキリ、コレステロール値も正常になりました
 4 便通が良くなり、骨粗しょう症の防止にも!
 5 便通が改善し、リポビタンDも不要になりました
 6 お腹がからっぽになったような爽快感!
 7 腰痛 不眠 頭痛もおこらなくなりました
 8 薬を飲むというより、食事をする感覚です
 9 半信半疑で飲んだところ、翌朝すぐに効き目
 10 過敏性腸症候群(IBS)が治りました
      お客様の声
 11 ヒビ割れした手が、スベスベになりました
 12 目の強膜炎が治ったのかカーナのおかげです
 13 顔色がよくなり、化粧品をカーナに乗り換えました
 14 カーナを飲んで翌朝すぐにお通じが・・
 15 米ぬか成分 認知症に効く
 16 カーナを飲んで10ヶ月、便通が良くなりました。
 17 花粉症に悩んで30年
 18 ゴルフで花粉症に悩む方に特効薬
 19 85歳にしてこの気迫、この若さ!
 
便秘特集 便秘は何故おこるか? 渡邊昌医学博士にインタビューしました。慶応義塾大学医学部卒、国立がんセンター疫学部長、東京農業大学教授、国立健康栄養研究所理事長を経て、現在、生命科学振興協会理事長。著書は食事でがんは防げる他多数。 『原住民は便秘にならない』
(飯沼) 便秘でお悩みの人が増えています。毎日のことですから、すっきりしなくて、気分が悪いのは勿論、放置すると怖い病気を誘発することにもなると聞いています。 便秘対策や便秘解消に特効薬があればいいのですが、簡単ではないようですね。一方、アフリカの原住民の生活を調査した結果、彼らは便秘にならないとの報告があります。
また、野生動物は便秘しないが、ペットは便秘することが知られています。どうしてでしょうか?
(渡邊) 食事と運動の違いでしょう。繊維質の少ない加工食品を食べ、運動もあまりしない現代人と、食を求めてはたらき、自然から採れた食物を無駄なく食べる原住民とでは、 腸の活性度がまるで違います。ペットと野生動物も同じことが言えます。
(飯沼) しかし、様々な便秘薬が開発されています。近代医学の力でなんとなりませんか?
(渡邊) 秘薬や下剤は腸を刺激して溜まっている便を強制的に出させるのですが、同時に腸の本来機能を弱めてしまうのです。 ですから、一時的に便を出すことはできますが、常用すると腸の機能を低下させ、病気の原因になります。つまり、便秘対策や便秘解消にはオスメできませんね。
(飯沼) 薬剤治療では、本質的には治らないということになりますね。一方、医者は薬を出さないと経営が成り立たないので、これは大きなジレンマですね。
(渡邊) がんや糖尿病のような生活習慣病は、薬で治すのが難しく生活習慣を変える必要がありますね。 …… 続きを読む