米ぬか温熱パッド オリザブラン 米ぬかの効能 米ぬかできれいになる 便秘特集 メタボ特集 糖尿病特集 生活習慣病 認知症特集 がんは食事で予防できる 米ぬかと認知症 米ぬか論文 健康一口メモ 会社概要 代理店募集 関連サイトへのリンク 便秘辞典 社団法人 生命科学振興会 米ぬかで家族の健康を認定NPO法人 海の会 独立行政法人 国立健康・栄養研究所 東京農業大学 NPO法人 IAIジャパン 公益財団法人 東京都中小企業振興公社 季節の花 300 白虎隊の会 白虎彷徨

米ぬか物語

米ぬかとワタシと、時々オトン

#02:時々オトン ~オトンの肥満はけっこう深刻

白虎隊(びゃっこたい)

幕末(江戸時代末期)、日本を二分した戦い・戊辰戦争の時に会津藩(現・福島県)で作られた部隊で、16歳~17歳の少年で構成されていました。
 白虎隊の任務は主に殿の出陣の護衛・城の守備でしたが、敵が国境を越えて攻めてきたため前線へと進軍することになりました。しかし敵の攻撃は激しく、白虎隊は負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へ退却しました。そこから鶴ヶ城方向をみると城下に激しい火の手が上がっていました。
白虎隊の少年たちは、城に戻るか、敵陣に突入して玉砕するかを巡って、激論を戦わせましたが、敵の捕虜となる恥辱を避け、「武士の本分を明らかにする」ため全員自刃(自殺)しました。





飯沼貞吉について

白虎隊で自刃した20人の中でただ1人の生存者。一命を取り留めた飯沼は独学して電信技士となり、逓信省にて全国の電話線の架設に取り組み、日清戦争では釜山にて軍功を挙げ表彰されました。晩年は仙台に移り住み、昭和6年に79歳で亡くなりました。飯沼の証言によって白虎隊の詳細が明らかになり、現代ではテレビや演劇などを通して人々に広く伝えられています。

飯沼一元プロフィール

飯沼貞吉の孫。NECにて動画像国際標準MPEGの発明に加わる。2002年(株)ライステックを創業。
詳細 >>会社概要

お父さんはメタボリックシンドローム?

要注意!ウエスト85センチ以上

実録!心をコメてのオトンたちが健気にダイエット奮闘中

かくして親子ダイエットが始まった
米ぬかとワタシ
米ぬかダイエット成功のために知っておきたいこと【心意気編】 米ぬかダイエット成功のために知っておきたいこと【心意気編】 米ぬかダイエット成功のために知っておきたいこと【心意気編】

  • 株式会社ライステック
  • お客様の声